子どものワキガに悩むママの腋臭対策!

中学生の子どもがいるママです。子どもの脇が臭いと感じ始めたのは子どもが小学生6年生のとき。小学生で、子どものワキガが発症したのです!そんな私も元ワキガ。子どもの腋臭の原因は、遺伝でした。そこから私と子どもとワキガとの戦いが始まりました!そこで学んだことをブログに書いています★

絶対にばれたくない!手術跡がバレずにワキガ手術は出来るのか?

f:id:happyday12777:20170531110907j:plain

我が家には中学2年生の息子と小学5年生の娘がいます。

 

最近気づいたのですが、娘もワキガを発症してしまったようです。息子は小学6年生のときにワキガが発症していたのですが。。

 

私ももともとワキガがあり、発症したのは確か小学5年生の頃だったので、子供たちにも体質が遺伝してしまったようです。

 

私自身この体質でかなり悩んできたため、子供たちがこの先ワキガのことで悩むことになると思うととてもかわいそうで、

 

なんとかしてあげたいと思い、ワキガの対処方法について様々な情報を調べてみることにしました。

 

f:id:happyday12777:20170531111630j:plain

まず、わきがを解消する方法として思い浮かんだのが、手術をするという方法です。

 

わきがのもととのなっているのはワキにあるアポクリン腺です。

 

これは有名ですよね。

 

アポクリン腺からは、たんぱく質や脂肪酸、アンモニアなど、水分以外の成分が含まれており、この成分が肌に存在している細菌に分解されることで臭いを発してしまいます。

 

わきがの手術では、このアポクリン腺を取り除くことで臭いを発する汗が出ないようにするという方法になるため、わきが解消の効果はかなりあると言われています。

 

ただ、簡単な手術とは言え、身体にメスを入れることには違いありません。

 

もしも手術跡が残ってしまうとわきがだったことがバレる可能性もあります。

 

芸能人にも、ワキガ跡が見えると言われていて画像が出回っている方もいますし怖いです。。

 

調べてみると最近は、マイクロ波を使ってアポクリン腺を破壊する方法や細い吸引器でアポクリン腺を吸引する方法など、手術跡が残りにくい方法もあるようです。

 

手術跡が残って後々苦労することがないよう、安全性を第一に考えて対処方法を選ぶことが大切なようです。