子どものワキガに悩むママの腋臭対策!

中学生の子どもがいるママです。子どもの脇が臭いと感じ始めたのは子どもが小学生6年生のとき。小学生で、子どものワキガが発症したのです!そんな私も元ワキガ。子どもの腋臭の原因は、遺伝でした。そこから私と子どもとワキガとの戦いが始まりました!そこで学んだことをブログに書いています★

ワキガの手術をしたら手術跡で脇が黒くなった?その理由とは

せっかくワキガの手術をしても、術後しばらくたつとワキが黒ずんでしまうというトラブルがあります。

 

私も、それを経験した1人です。

 

なので、人前で脇の下を大胆に広げることは絶対に出来ません。(普通の人でもこれは緊張すると思いますが)

f:id:happyday12777:20170601150714j:plain

 

一番困ったのは結婚式の写真撮影でした。

 

両手を挙げてポーズをとってくれと言われまして…。

 

まあそういった特殊な時でしか、本気で困る!というシーンは無いかもしれません。

 

インターネットの口コミサイトなどを見ても「術後にワキが黒くなった」「ワキの黒ずみが治らない」という悩みが多く書き込まれています。

 

そこで、ワキガ手術後に手術跡でワキが黒ずむ原因について調べてみました。

 

ワキガの手術をしたあとに、脇の下が黒くなってしまう原因は?

f:id:happyday12777:20170601150644j:plain

ワキガの手術跡が術後しばらくの間残ることはよくあることですが、時間と共に手術跡は薄くなっていくのが普通のようです。

 

ただ、ワキの部分が黒ずんでしまいそのまま色が薄くならないこともあり、それにはいくつかの理由があります。


まず、ワキガの手術はワキの皮膚を切って真皮と脂肪層を剥がし、アポクリン腺をひとつひとつ取り除く方法になります。

 

この時アポクリン腺は脂肪層に多く存在していますが、一部は真皮にも付着しています。

 

真皮に付いているアポクリン腺も取り除くことがダメージとなって皮膚が黒ずんでしまうというわけです。

 

ワキガ解消のためにはアポクリン腺を残らず全て取り除く必要があるため、ある程度黒ずんでしまうのは仕方がないとも言えます。

 

この黒ずみは時間の経過と共に薄くなっていく場合がほとんどですが、稀に黒いままの人もいます。

 

これは、メラノサイトという色素が多い体質の人に起こりやすい現象で、日焼けしてすぐに肌の色が黒くなる体質の人は、手術跡の黒ずみが残りやすいようです。

 

紫外線を浴びると患部のメラノサイトのせいで黒くなりやすくなるため、術後は紫外線を浴びないように過ごすことも大切です。

 

そういったことに意識して、将来的に子どもにワキガ手術を受けさせたいと思います。