子どものワキガに悩むママの腋臭対策!

中学生の子どもがいるママです。子どもの脇が臭いと感じ始めたのは子どもが小学生6年生のとき。小学生で、子どものワキガが発症したのです!そんな私も元ワキガ。子どもの腋臭の原因は、遺伝でした。そこから私と子どもとワキガとの戦いが始まりました!そこで学んだことをブログに書いています★

多汗症を治すにボツニヌス治療はどんな治療で保険はきくの?

ワキガと同じように深刻に悩んでいる人の症状に、多汗症があります。

 

私は全く多汗症ではないのですが(むしろ汗をかかなすぎるから臭いがキツくなる?!)、息子がかなりの汗っかきで、多汗症かもしれないと疑っています。。

f:id:happyday12777:20170602123440j:plain

 

多汗症はその呼び名の通り大量の汗が出てしまう症状のことですよね。

 

ワキに大量の汗をかいてしまい、服がビッショリと濡れてしまうという人もいると聞きます。

 

ワキガはアポクリン腺から出る臭い成分を含んだ汗が原因で引き起こされますが、多汗症はエクリン腺という水分が多いほとんど臭いのない汗が大量に出るのが特徴で、ちょっと原因が異なるようです。

 

多汗症になると、特に暑い日ではなくても精神的な緊張などが原因で汗がとまらなくなることがあり、本人にとってはとても辛いことです。

 

多汗症の治療のひとつにボツリヌス治療というものがありますよね。これについて調べてみました。

 

ボツリヌス治療で多汗症は治るの? 

f:id:happyday12777:20170602124029j:plain

ボツリヌス菌が作る天然のたんぱく質をワキに注射する方法で、ボトックスと呼ばれることもあります。

 

ボツリヌス治療もボトックス治療も方法や効果は同じで、この有効成分が交感神経からの汗を出す信号をブロックすることで汗を止めることができます。

 

個人差がありますが、治療後3日ほどで効果が現れます。

 

しかし、効果が永久的なものではないため、4カ月から9カ月後に効果が切れたら再度治療を受ける必要があるそうです。

 

人によってはこの治療を繰り返すごとに効果の持続する期間が長くなる場合もあると言われています。

 

一般的に1回の注射に3万円から5万円ほどかかるこの治療ですが、実はこの治療、保険適用で受けることができる場合があるそうです!

 

保険適用でボトックス治療を受けることができるのは、医師から重度の原発性腋窩多汗症と診断され、治療の一環として受ける場合になりますが、一度相談してみるのが良さそうですね。