子どものワキガに悩むママの腋臭対策!

中学生の子どもがいるママです。子どもの脇が臭いと感じ始めたのは子どもが小学生6年生のとき。小学生で、子どものワキガが発症したのです!そんな私も元ワキガ。子どもの腋臭の原因は、遺伝でした。そこから私と子どもとワキガとの戦いが始まりました!そこで学んだことをブログに書いています★

息子と娘に見事に遺伝したワキガ。ワキガが遺伝する確率の真相とは?

中学2年生になる息子と小学5年生になる娘は、残念ですが2人とも私の体質を受け継いでしまい、ワキガを発症してしまいました。

 

f:id:happyday12777:20170607130015j:plain

 

自分がワキガで今後結婚の予定がある方などは、自分に子供が生まれたらどれぐらいの確率でその体質が遺伝してしまうかと不安に思っていることでしょう。


ワキガが遺伝する場合、もしも片方の親だけがワキガだった場合、ワキガである方の体質を受け継ぐ確率が高くなると言われています。

 

このような現象を優性遺伝と言うそうです。


わきがは、たんぱく質や脂肪酸などの臭いの原因となる物質を含んだ汗が出るアポクリン腺の量が多いほど発症しやすくなります。

 

つまり親のどちらかがアポクリン腺の量が多いと、その体質を受け継いでしまう確率が高くなってしまうのです。

 

親がワキガだとワキガが遺伝する確率は?

調べてみると、両親ともにわきが体質の場合、その子供に遺伝する確率は9割以上、片方の親がわきが体質の場合は7割以上とも言われており、決して低い確率ではありません。

 

私自身の場合も、私がワキガで旦那はワキガではないのに、子どもたちは2人ともワキガ体質が遺伝してしまいました。。

 

…少し悲観的な話になってしまいましたね。

 

ただこの体質や遺伝は自分がなんとかできるものではありませんし、ワキガ自体は手術で治すことも出来ます。

 

せっかく結婚しても、ワキガを気にして子供を産めないのは、とても勿体ないことです。子どもが生まれてくれることで、得られる幸せというのは本当に大きいものです。

 

私は残念ながら子供にワキガが遺伝してしまって残念ですが、最近は様々な対処法が登場しています。臭いを抑えるためのグッズも増えています。

 

私は自分がわきがだったからこそ、子供達の苦しむ気持ちを分かってあげることができますし、どんな風に対処していけばいいかアドバイスもできると思っています。

 

今後も様々な対処法を調べていくことが、私がしてあげられることだと考えています。